Now Loading...

医療法人社団 岩畔会 学芸大駅前クリニック医療法人社団 岩畔会 学芸大駅前クリニック

お知らせNEWS

突然の胃痛 アニサキス感染症 自宅で調理中に発見!!

2020.02.23/院長ブログ

 先日、我が家では、私が夕食当番だったので調理していたところ、タラの身からアニサキス虫体を発見しました。日頃、胃カメラで胃の中でアニサキスを見つけることはありますが、今回は初めて、自身が調理中の魚の切り身で、見つけることが出来、内視鏡医としては失礼ながら感動的な発見でした。

【動画】加熱前なので、まだ動いています。

 【アニサキスってなに??】
 アニサキスの幼虫は、2~3cmほどの半透明白色の魚に寄生する幼虫です。誤って食べると、胃の粘膜に侵入し、周囲で強力なアレルギー症状を作るので、あたかも胃の粘膜が蕁麻疹のような炎症になります。それが原因で、激しい胃痛を起こし、吐き気、嘔吐、蕁麻疹などの症状を伴う場合もあります。
寄生している主な魚介類は、まずはサバです。診察でも、まずは「生サバ、〆サバを食べてませんか?」と聴くくらい感染率が高いです。その他、サケ、ニシン、スルメイカ、イワシ、サンマ、ホッケ、タラ、マスなどがあります。

予防方法で最も効果的で確実な方法は、加熱調理です。マイナス20℃で24時間以上(中心部まで)凍結すると死滅しますが、通常の料理で用いる程度のワサビ、醤油、酢などではアニサキスは死にません。〆サバを作る場合、塩じめ工程でマイナス20℃で24時間以上(中心部まで)凍結することも予防法の一つです。
 治療方針は、感染して直後であれば、緊急胃カメラを行い、胃の中で見つけ次第、鉗子でアニサキス虫体を取り除くのが最善です。食べてしまい、数日経過している時や、症状が改善している場合にはアレルギー性胃炎として、抗アレルギー薬の内服薬のみで経過を見ることもあります。
 ご来院頂き緊急胃カメラを行って、アニサキス虫体を除去した患者さまの一部は、「胃痛が辛かったけど、生サバ、〆サバは大好きだから、また食べたい」というお声も伺います。食べる時は十分にお気をつけ下さい。

最近の投稿