Now Loading...

医療法人社団 岩畔会 学芸大駅前クリニック医療法人社団 岩畔会 学芸大駅前クリニック

この街に根ざして40年以上。
“町医者”として、皆様を健康に。
健康への相談に真摯に対応します。
ご負担の少ない内視鏡検査。

    最終受付は診察時間の15分前です
    次回の休診は、9月16日(敬老の日)です

内科・消化器内科・アレルギー科・
小児科・胃カメラ・大腸内視鏡検査

  • 夜間診療
  • 日曜診療

東急東横線 学芸大学駅東口 駅から徒歩30秒

  • 平日夜8時、土曜・日曜も診療している
    学芸大学駅前のかかりつけクリニックです

    学芸大学駅の駅近で、夜間診療と土曜・日曜日も診察と、患者さまの利便性を活かしたクリニックです。風邪などの体調変化はもちろん、何科を受診すれば良いか迷われた時にも、ぜひ気楽にご相談ください。

    もっと詳しく

  • 大学病院や総合病院と同等のハイスペックな
    最新鋭内視鏡検査機器による
    胃カメラ、大腸カメラ検査が受けられます。

    「つらい検査のイメージが強い内視鏡検査を、少しでも多くの方に楽にお受け頂きたい!!」という考えのもと、消化器内視鏡学会専門医の資格を持つ院長が、最新鋭の機器で、熟練した内視鏡技術と丁寧な操作で、極力辛くならない検査を実施しています。

    もっと詳しく

NEWS学芸大駅前クリニックより

  • 2019.07.08

    海外、地方から内視鏡検査をお受け頂く皆様へ ご宿泊施設のお知らせ

    海外駐在の方、また地方各地からも内視鏡検査にご来院頂いています。当院では、提携ホテルのご用意はありませんが、内視鏡検査前日のご宿泊に、隣駅(祐天寺駅)にリーズナブルなビジネスホテル、また当院は東横線で渋谷駅まで10分とアクセス良好で駅近に多数のホテルがあります。ぜひ、ご利用のうえ検査をお受けください。
    ■オススメのビジネスホテル祐天寺駅3分
    東急ステイ目黒・祐天寺 7,870円〜
    ※なお、当院の内視鏡検査は保険診療のみです。自費での内視鏡検査は実施しておりません。ご了承ください。
  • 2019.06.28

    お盆期間も休まず診療します

    1.  今年のお盆期間(8月13日〜8月18日)も当院は休まず診療いたします。
    特に、内視鏡検査は検査枠を拡充していますので、是非この機会にご希望の方はお早めにご予約ください。 ※8月12日(山の日)は休診となりますので、ご了承ください。

過去のお知らせ

BLOG学芸大駅前クリニックより

  • 2019.07.14

    内視鏡の日(7月14日)

     7月14日はゴロ合わせですが、「内視鏡の日」です。健診異常の2次検診などで、胃カメラや大腸カメラのご予約を頂いていますが、症状が軽くても、ぜひ定期的に内視鏡検査を受けましょう。
     「きっと大丈夫だよ」と「(検査を受けて)大丈夫だったよ」は大きな違いです。きっかけが無いとなかなか受けたくない検査ですが、丁寧な操作と鎮静剤もご用意して、患者さんがご負担にならないように取り組みながら検査をしています。
  • 2019.06.28

    新規スタートから2周年を迎えました

    6月28日で全面リフォームし再スタートしてから2周年を迎えました。この2年間で新患の患者さま約10000人に新たにご来院を頂き、最新鋭の内視鏡検査も2000件を実施することが出来ました。 日々の診療では、出来るだけ丁寧な診察と説明を取り組み、患者さんが院内で快適に居心地良くお過ごしになれるような、今のニーズに求められる新しいクリニックを目指し頑張って参りました。口コミなどで、お叱り、ご指摘頂いた、ご意見を謙虚に受け止めながら、これからも最新の知見と、高いレベルの内視鏡検査で3年目の診療を取り組んで参ります。 引き続き、学芸大駅前クリニックをどうぞよろしくお願いします。
  • 2019.03.24

    日本内視鏡学会 九州講演会に参加

     当院は内視鏡検査に特に力を入れていますか、内視鏡検査の分野で興味のある講演が幾つかあり、講演会出席のため福岡まで来ました。
     九州の先生方に交じっての聴講ですが、明日の内視鏡検査にとても役立つ知識が数多く、遠方ではありますが、参加でき良かったです。
  • 2018.11.23

    内視鏡検査「オエッ」軽減 吐き気8割減の新器具

     当院での胃カメラも検査を極力辛くならないように丁寧な内視鏡操作と鎮静剤など工夫をしていますが、吐き気の軽減につながるマウスピースを、鳥取大医学部付属病院(鳥取県米子市)とゴム製品メーカーが共同で開発した、との新聞記事がありました。
     10人を対象にした実験では、挿入時の吐き気の回数は8割以上減り、検査を受ける際の苦痛や内視鏡医のストレスも改善される結果が出たようで、患者さんが少しでも楽に検査を受けられるように、市販化されれば当院でもいち早く導入したいと思います。
    【11月23日 朝日新聞電子版記事】

過去のブログ記事