Now Loading...

医療法人社団 岩畔会 学芸大駅前クリニック医療法人社団 岩畔会 学芸大駅前クリニック

この街に根ざして40年以上。
“町医者”として、皆様を健康に。
健康への相談に真摯に対応します。
ご負担の少ない内視鏡検査。

    ■新型コロナウイルスの検査・治療は行っていません■
    ご来院の際は必ずマスク着用をお願いします

内科・消化器内科・アレルギー科・小児科
胃カメラ・大腸カメラ
高血圧・脂質異常症・糖尿病

  • 内視鏡検査
  • 夜間・日曜診療

東急東横線 学芸大学駅 東口 駅から徒歩30秒

  • 平日は午後8時、土曜・日曜は午後6時まで
    突然の風邪や体調変化の診療はもちろん
    生活習慣病、健診など幅広くご相談頂けます
    駅近のアクセスで利便性良くご受診出来ます

    学芸大学駅の駅近で、夜間診療と土曜・日曜日の休日も診療し、利便性を最大限に活かしたクリニックです。突然の風邪など体調変化はもちろん、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病、また何科を受診すれば良いか迷われた時にも、ぜひご相談ください。また必要に応じて豊富な医療連携から適切な病院にご紹介も致します。

    もっと詳しく

  • 内視鏡専門医が大学病院や大病院と同等の
    ハイスペックな最新鋭内視鏡検査機器で
    鎮静剤を使い、痛くない、苦しくない
    胃カメラ、大腸カメラ検査を行っています

    「つらい検査のイメージが強い内視鏡検査を、少しでも多くの方に楽にお受け頂きたい!!」という考えのもと、消化器内視鏡学会専門医、消化器病学会専門医の資格を持つ院長が、ハイスペックな超高画質の内視鏡機器で、熟練した内視鏡技術と丁寧な操作で、鎮静剤も使用し、苦しくない検査を実施しています。

    もっと詳しく

NEWS学芸大駅前クリニックより

  • 2020.07.05

    お盆期間中 休診せず通常診療いたします

    お盆期間中も当院は休診せず、通常診療をいたします。8月は暦通りでの診察時間、診療体制で、8月10日(月)のみが休診となります。
    例年、お忙しく普段、時間がなかなか取れない方が、胃カメラ、大腸カメラの検査をお受け頂いています。今年はコロナ禍のため、検査枠を増えしづらいことから、ご希望の方は早めにご予約ください。
     
  • 2020.07.03

    目黒区胃がん検診 開始のお知らせ

     新型コロナウィルス感染拡大に伴い、開始延期となっていましたが、今年度の目黒区胃がん検診(内視鏡)が開始しています。
     例年よりもコロナウイルス対策で、検査枠を制限しており、予約が混み合うと思われます。また、緊急事態宣言が再度発令された場合には、内視鏡検査自体が中止になる可能性があります。検査を希望される方は、早めのご予約をおすすめします。
    ご予約はお電話、当院ホームページ、クリニック受付にて受け付けております。
    胃がん検診の受診券の申込受付については、目黒区ホームページをご確認ください。
    https://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/hoken_eisei/shinryo/kensin_igan_naisikyo.html

過去のお知らせ

BLOG学芸大駅前クリニックより

  • 2020.06.30

    今年は食中毒が流行しています

     今年はコロナ禍で在宅時間が増え、テイクアウト、宅配が重宝しています。その一方で、診療をしていると、今年は例年になく増えいてる病気があり、それが「食中毒」です。
     食中毒の流行は季節で概ね分けることが出来、夏場は細菌性(バイ菌)、冬場にはウイルス性の食中毒が非常に増えます。ただ、地方で秋にキノコ、春に山菜を採る地域では、これらが原因の自然毒による食中毒もあり、日本では1年中発生しているのが現状です。
     統計的には、流行しやすいのは順番にカンピロバクター、アニサキス、ノロウイルスです。最近は熟成肉、ジビエが原因になることも話題になっています。
    細菌性腸炎は、①からだの中には入らず、小腸内の腸管で毒素を産生するタイプ(黄色ブドウ球菌など)と、②細菌が直接小腸の粘膜内に入りこむタイプ(ウイルスやカンピロバクターなど)、体の中で毒素を産生するタイプ(腸管ビブリオなど)があります。粘膜に入りこむタイプは粘膜を徘徊するので、下痢だけでなく微熱、発熱、血便になることがあります。
     日常診察では、季節を加味しながら、発熱、下腹部の腹痛と下痢の場合は、細菌性腸炎(バイキンが原因)を疑うことが多いです。ウイルス性は胃にも症状が出やすく、胃の痛みと吐き気、嘔吐が強い時に診断することが多いです。それ以外の症状として、微熱、頭痛、めまい、吐き気、ムカムカ感、食欲不振があります。
    アニサキスは加熱または-20℃で24時間以上冷凍することで殺すことが出来ます。生サバ、シメサバ、カツオ、サワラなどの青魚の内臓にいます。すぐに締めて内臓を取れば、感染のリスクは減りますが、内臓を残したままだと身の部分移動していくため、お刺身など生の状態で食べると感染してしましまいます。また、赤貝、アサリ、ムール貝、ホタテ、カキなどの貝毒は、食後数分~数時間で口、舌、喉の痺れなど(麻痺性貝毒)や悪心、嘔吐、下痢になる場合(下痢性貝毒)があります。
     いずれも予防対策は、概ねしっかり加熱処理をすることで、病原菌が死滅することが多く、梅雨・真夏の時期、今年はテイクアウト、宅配を楽しみながらも、入念に対策を講じ、食中毒にならないように心がけましょう。
  • 2020.04.28

    過敏性腸症候群(ストレス性下痢)とは?

     「ストレスを感じると下痢になる病気」の正式な病名は”過敏性腸症候群”と言います。現在のストレス社会では沢山の人が悩んでいる病気でもあり、テレビのCMでも頻繁に下痢止め薬の広告などを目にします。
    さて、どうしてストレス性下痢は起こるのか。それは、大腸がストレスに影響されやすい臓器だからです。大腸の仕事は、糞便の水分を吸収するのが仕事の臓器ですが、他の肺、肝臓、膵臓などの臓器と決定的に違うのが自律神経にとても支配されている臓器だからです。ストレスを感じると自律神経が乱れますが、その影響が大腸に波及すると、大腸の仕事にも影響が出てきます。そうすると、大腸の仕事であるが、水分吸収などが思うように出来なくなり、下痢になるのが、過敏性腸症候群(ストレス性下痢)の病気の原因です。
     病気治すのに一番良いのは、ストレスを感じない、抱えないことですが、現在社会、学校生活、受験や就職活動の最中では、なかなか難しい取り組みです。ですから、内服薬を処方すると症状が治まる、例えば途中下車せずに通勤通学が出来るようになる、ことが期待されます。
     検査としては、大腸内視鏡(大腸カメラ)で大腸粘膜の状態を把握することが大切です。「大腸は水を吸収するのが仕事」の臓器です。検査を行い、大腸粘膜が正常で問題がなければ過敏性腸症候群(ストレス性下痢)と診断できますが、若者を中心に大腸粘膜に炎症が起こる病気(潰瘍性大腸炎)や感染性腸炎など、他の病気と鑑別が必要にもなります。
     日常生活で、途中下車したり、会議を退席したりするなど、急なトイレで支障を来している方は、ぜひ一度、大腸内視鏡(大腸カメラ)の検査と内服薬をご検討ください。




    東横線、目黒区、世田谷区、大田区、川崎市、横浜市、消化器内科、内科、夜間診療、鎮静剤、胃カメラ、大腸カメラ、目黒、東急線、中目黒、祐天寺、学芸大学、都立大学、自由が丘
  • 2020.04.21

    逆流性食道炎って、どんな病気??

     逆流性食道炎とは、胃酸や胃内容物が食道に逆流することで不愉快な症状がでる病気です。具体的な症状としては4つ、①胸やけ、②口の中が苦い・酸っぱい(呑酸)、③げっぷ、④お腹が張る感じ(腹部膨満)です。一度はご経験がある方も多いはずです。日常診療では、「こないだ飲み過ぎた後から症状が出た」、「以前もあって、暴食したら胸焼けが辛くって」など、さまざまなお困りで来院をされます。また、慢性咳の原因となることもあります。
     当院で胃カメラを行うと、比較的多くの患者さまが程度問題ですが、指摘される事が多い病気です。生活習慣、ライフスタイルの変化が原因と思うことが多く、食生活の欧米化、就寝直前の夕食、ピロリ菌感染率の低下などが挙げられます。
     胃カメラの検査では、診断として炎症の程度で5段階にわけます(ロサンゼルス分類)。胃酸の逆流で食道粘膜が炎症を起こす病気で、食道と胃の境界部分に軽い炎症もあれば、食道の上のほうまで炎症が及んでいるケースもあります。  治療は、まず大事なのは生活習慣、ライフスタイルの改善です。食後に消化目的で胃酸は多く分泌されます。その状態ですぐに寝たり、横になると、胃酸はおのずと食道に流れやすくなります。ですから、寝る3時間前には食事を済ませる、また食事量も暴食は避けましょう。私も食生活を厳守しているか、というと難しいですが、症状発症した場合には一時的でも生活週間の改善が大切です。
    また、食道と胃の境界は噴門という筋肉構造で覆われています。飲酒が多いと、噴門のゲートが緩みがちになり、結果として胃酸の逆流を誘発してしまいます。ですから、暴飲暴食は気をつける必要があります。日常生活でも逆流性食道炎の症状が改善しない場合には、胃薬の出番となります。市販薬では効果がやや薄いことが多く、医師が処方する胃酸抑える薬(タケキャブ、ネキシウム、タケプロン、ガスターなど)がメインとなり、その他の胃薬を併用することもあります。
    逆流性食道炎症状が出たら、まずは生活習慣の改善をはかり、それでも改善がとぼしい場合には、ぜひ当院で内服治療や胃カメラ検査をご検討ください。



    東横線、目黒区、世田谷区、大田区、川崎市、横浜市、消化器内科、内科、夜間診療、鎮静剤、胃カメラ、大腸カメラ、目黒、東急線、中目黒、祐天寺、学芸大学、都立大学、自由が丘
  • 2020.03.26

    【Part.4】胃のオススメ検査は「胃バリウム」or「胃カメラ」どっち??

    5回シリーズで内視鏡専門医の院長が素朴な疑問にお答えします。
     第4回目は、「会社の検査で胃の検査にバリウムと胃カメラが選択出来るけど、どちらかが良いの?」 「バリウム検査、意味あるの?」という、よく受けるご質問の関することです。
     私は外来で、「会社健診で選択出来るなら、胃カメラを選択してください。症状がある、心配なら、ぜひ当院で胃カメラをお受けください」と説明しています。
     会社健診で多く行われる胃バリウム検査ですが、お受けになられたことがある方はイメージが沸くと思いますが、放射線を照射することで胃や食道の粘膜の凹凸を「影絵」として撮影して評価する検査です。以前は健診での主流の検査でしたが、時代とともに最近は胃カメラに取って交われる時代になっています。
     一方の胃カメラですが、当院でも導入している最新鋭のハイビジョン画質の内視鏡検査では、NBIと呼ばれる特殊光を当てたりしながら、高精細の画質で直接、粘膜の状態を確認することが出来ます。そのため、逆流性食道炎や胃炎などの炎症性変化、胃ポリープを実際に画像として確認が出来るのはもちろん、極めて初期の胃がんや食道がんなど、粘膜の変化がまだ少ない段階でも早期発見をすることが可能です。
     影絵の原理とした、胃バリウム検査だと、ある程度サイズ感が出てこないと、なかなか容易に発見することは出来ず、結果的に胃バリウム検査で発見された「胃がん」「食道がん」は進行した状態で見つかることが多く、かなりの確率で外科的手術や抗がん剤での治療になってしまいます。内視鏡専門医としては、内視鏡で治療できる「早期」のがんを見つけるためには、やはり胃バリウム検査では難しく、胃カメラ検査を行ったら(患者さんが受けられたから)発見できるものだと考えています。
     ぜひ、1年に1回は症状がなくても、胃カメラ検査をお受けください。

過去のブログ記事