Now Loading...

医療法人社団 岩畔会 学芸大駅前クリニック医療法人社団 岩畔会 学芸大駅前クリニック

この街に根ざして40年以上。
“町医者”として、皆様を健康に。
健康への相談に真摯に対応します。
ご負担の少ない内視鏡検査。

    新型コロナウイルス・インフルエンザの迅速検査など
    発熱の診断・発熱外来は現在行っていません
    内視鏡検査は通常通り実施しています

内科・消化器内科・アレルギー科・小児科
胃カメラ・大腸カメラ
高血圧・脂質異常症・糖尿病

  • 内視鏡検査
  • 夜間・土日診療

東急東横線 学芸大学駅 東口 駅から徒歩30秒

  • 平日は午後8時、土曜・日曜は午後6時まで
    突然の風邪や体調変化の診療はもちろん
    生活習慣病、健診など幅広くご相談頂けます
    駅近のアクセスで利便性良くご受診出来ます

    学芸大学駅の駅近で、夜間診療と土曜・日曜日の休日も診療し、利便性を最大限に活かしたクリニックです。突然の風邪など体調変化はもちろん、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病、また何科を受診すれば良いか迷われた時にも、ぜひご相談ください。必要に応じて豊富な医療連携から適切な病院にご紹介も致します。

    もっと詳しく

  • 内視鏡専門医が大学病院や大病院と同じ
    最新鋭の高精細な内視鏡検査機器で
    鎮静剤を使い、痛くない、苦しくない
    胃カメラ、大腸カメラ検査を行っています

    「つらい検査のイメージが強い内視鏡検査を、少しでも多くの方に楽にお受け頂きたい!!」という考えのもと、消化器内視鏡学会専門医、消化器病学会専門医である院長が、ハイスペックな超高画質の内視鏡機器で、丁寧な内視鏡操作と、鎮静剤も使用し寝たまま、苦しくない検査を実施しています。

    内視鏡のページへ

NEWS学芸大駅前クリニックより

  • 2021.04.12

    4月25日(日) 小児科専門医は休診、診察医師の変更があります

    4月25日(日)は午前、午後ともに小児科専門医の診察は休診となります。
    診察医師は終日、岩畔 慶太が行います
    小児科領域で専門医の診察を御希望のある方はご注意ください。
  • 2021.03.04

    【重要】現在、迅速検査・点滴治療の実施、発熱外来は実施していません

    コロナウイルス感染拡大に伴い、現在当院では下記の検査と治療は実施していません。
    また、当院は発熱の詳しい診察としての発熱外来は行っていません。
    ・コロナウイルスのPCR検査・迅速検査
    ・インフルエンザウイルス迅速検査
    ・患者さまがマスクを外しての咽頭・喉頭の観察
    ・溶連菌感染症・アデノウイルスなどの迅速検査
    ・点滴治療
    いずれも感染リスクが極めて高い検査と治療の項目です。当院の規模では隔離室がなく、導線などの観点から、クリニック規模として最大限の感染予防の対策を講じていますが、かかりつけ医として高齢者の方、日常診療でご来院頂く方が沢山来院され、その方々をクリニックとして、お守りする点からお断りをしています。御理解を頂き、上記ご希望の受診さまは他施設での受診をお願いします。

過去のお知らせ

BLOG学芸大駅前クリニックより

  • 2021.04.10

    日本内科学会総会に出席

    4月9日~11日、日本内科学会総会が有楽町であり出席を出席をしてきました。消化器疾患を初めてとして、今回はコロナ感染症のトピックスなどもあり、例年以上に知識の収穫となる学会参加でした。
  • 2021.01.18

    花粉症季節がまもなく到来します

     今年も花粉の季節がまもなく到来します。毎年、花粉の飛散はいつから、いつまでか気になりますが、今年も1月下旬からスギ花粉の飛散が始まりそうです。

     当院では院外処方のメリットを最大限に活かして、患者さまのライフスタイルを伺いながら処方しています。少し大げさですが、まるでオーダーメイド治療のような感じです。内服薬は1日1回タイプが主流ですが症状を伺いながら調整し、またパイロットや運転士さんでも内服できる内服薬や、コンタクトレンズ装着でも可能な点眼薬の処方、点鼻薬も症状に合わせて処方しています。
     スギ花粉に関しては技術革新で、免疫療法など症状軽減が図るれる取り組みがありますが、日本ではほぼ1年中、何かしらの花粉が飛散している状態であり、飲み薬などの組み合わせで症状をコントロールしながら、少しでも快適な日常生活が送れるように当院でも対応しています。
  • 2020.08.25

    最新鋭の経鼻内視鏡の試用スコープが来ました

     当院ではオリンパス製の内視鏡機器を導入していますが、オリンパス社のご厚意で2020年3月に発売された、最新鋭の胃カメラのスコープをデモ機器としてお借りすることが出来ました。
    近年、内視鏡検査における挿入時の苦痛軽減のため、鼻からの挿入も可能な極細径内視鏡の需要が高まる一方で、内視鏡の細径化と高画質化の両立は高い技術を必要とするため、長年課題とされてきた分野でした。今回お借りしたスコープ(GIF-1200N)は、新型CMOSイメージセンサーの搭載と、これまで当社が培ってきた内視鏡組み立て技術により、先端外径 5.4 ㎜の細さを維持しつつ、明るくノイズの少ないハイビジョン画質を実現したスコープです。
    従来から当院でも経鼻内視鏡と経口内視鏡の最大の違いは、「ブラウン管テレビとハイビジョンテレビ」の違いともいえる圧倒的な画質の違いでしたが、それを解決した、内視鏡に日々携わる者からすると、夢のようなスコープです。実施に使用してみると、操作性や画質など、いずれも感動するものでした。いずれ当院でも導入を検討して行きたいと考えています。
  • 2020.06.30

    今年は食中毒が流行しています

     今年はコロナ禍で在宅時間が増え、テイクアウト、宅配が重宝しています。その一方で、診療をしていると、今年は例年になく増えいてる病気があり、それが「食中毒」です。
     食中毒の流行は季節で概ね分けることが出来、夏場は細菌性(バイ菌)、冬場にはウイルス性の食中毒が非常に増えます。ただ、地方で秋にキノコ、春に山菜を採る地域では、これらが原因の自然毒による食中毒もあり、日本では1年中発生しているのが現状です。
     統計的には、流行しやすいのは順番にカンピロバクター、アニサキス、ノロウイルスです。最近は熟成肉、ジビエが原因になることも話題になっています。
    細菌性腸炎は、①からだの中には入らず、小腸内の腸管で毒素を産生するタイプ(黄色ブドウ球菌など)と、②細菌が直接小腸の粘膜内に入りこむタイプ(ウイルスやカンピロバクターなど)、体の中で毒素を産生するタイプ(腸管ビブリオなど)があります。粘膜に入りこむタイプは粘膜を徘徊するので、下痢だけでなく微熱、発熱、血便になることがあります。
     日常診察では、季節を加味しながら、発熱、下腹部の腹痛と下痢の場合は、細菌性腸炎(バイキンが原因)を疑うことが多いです。ウイルス性は胃にも症状が出やすく、胃の痛みと吐き気、嘔吐が強い時に診断することが多いです。それ以外の症状として、微熱、頭痛、めまい、吐き気、ムカムカ感、食欲不振があります。
    アニサキスは加熱または-20℃で24時間以上冷凍することで殺すことが出来ます。生サバ、シメサバ、カツオ、サワラなどの青魚の内臓にいます。すぐに締めて内臓を取れば、感染のリスクは減りますが、内臓を残したままだと身の部分移動していくため、お刺身など生の状態で食べると感染してしましまいます。また、赤貝、アサリ、ムール貝、ホタテ、カキなどの貝毒は、食後数分~数時間で口、舌、喉の痺れなど(麻痺性貝毒)や悪心、嘔吐、下痢になる場合(下痢性貝毒)があります。
     いずれも予防対策は、概ねしっかり加熱処理をすることで、病原菌が死滅することが多く、梅雨・真夏の時期、今年はテイクアウト、宅配を楽しみながらも、入念に対策を講じ、食中毒にならないように心がけましょう。

過去のブログ記事