Now Loading...

医療法人社団 岩畔会 学芸大駅前クリニック医療法人社団 岩畔会 学芸大駅前クリニック

この街に根ざして40年以上。
“町医者”として、皆様を健康に。
健康への相談に真摯に対応します。
ご負担の少ない内視鏡検査。

    新型コロナウイルス・インフルエンザの迅速検査など
    発熱の診断・発熱外来は現在行っていません
    内視鏡検査は通常通り実施しています

内科・消化器内科・アレルギー科・小児科
胃カメラ・大腸カメラ
高血圧・脂質異常症・糖尿病

  • 内視鏡検査
  • 夜間・土日診療

東急東横線 学芸大学駅 東口 駅から徒歩30秒

  • 平日は午後8時、土曜・日曜は午後6時まで
    突然の風邪や体調変化の診療はもちろん
    生活習慣病、健診など幅広くご相談頂けます
    駅近のアクセスで利便性良くご受診出来ます

    学芸大学駅の駅近で、夜間診療と土曜・日曜日の休日も診療し、利便性を最大限に活かしたクリニックです。突然の風邪など体調変化はもちろん、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病、また何科を受診すれば良いか迷われた時にも、ぜひご相談ください。必要に応じて豊富な医療連携から適切な病院にご紹介も致します。

    もっと詳しく

  • 内視鏡専門医が大学病院や大病院と同じ
    最新鋭の高精細な内視鏡検査機器で
    鎮静剤を使い、痛くない、苦しくない
    胃カメラ、大腸カメラ検査を行っています

    「つらい検査のイメージが強い内視鏡検査を、少しでも多くの方に楽にお受け頂きたい!!」という考えのもと、消化器内視鏡学会専門医、消化器病学会専門医である院長が、ハイスペックな超高画質の内視鏡機器で、丁寧な内視鏡操作と、鎮静剤も使用し寝たまま、苦しくない検査を実施しています。

    内視鏡のページへ

NEWS学芸大駅前クリニックより

  • 2021.10.01

    2021年度 インフルエンザワクチンについて

    2021年10月1日(金)からインフルエンザワクチン(2021/2022)の接種を開始しています。
    詳しくは下記URLをご覧頂きご確認ください。
    https://gakugeidai-e-c.net/symptoms/injection_01/

  • 2021.09.30

    10月24日(日)午前診療 小児科専門医の診察休診

    10月24日(日)午前は小児科専門医による診察は休診です。 
    通常の小児科診察は通常通りですが、専門医による診察を御希望の方はお気を付け下さい。

過去のお知らせ

BLOG学芸大駅前クリニックより

  • 2021.09.28

    2021年度のインフルエンザワクチンが到着

    2021/2022のインフルエンザワクチンが到着しました。
    10月1日からいよいよ開始です。
    当院では多めのインフルエンザワクチンのご用意をしていますが、今年は例年の70%程度の供給しかないことから、数に限りがありますので、ご希望の方は早めの接種がお薦めです。
  • 2021.07.07

    サバに電流を流してアニサキスを死滅

     生サバや生アジの身に潜み、誤って食べてしまうと激しい胃痛を起すアニサキス症ですが、身に大電流を流すことで死滅する技術が開発された、と熊本日日新聞が報じています。
     新聞記事によると、
     「熊本大産業ナノマテリアル研究所と水産加工のジャパンシーフーズ(福岡市)らの研究グループが、魚介類に寄生するアニサキスを大電流で殺虫する方法を開発したと発表。魚身の鮮度を落とさずに刺し身を安全に食べることができるという。冷凍と加熱によって殺すことができるも、刺し身は冷凍だと品質が劣化し、販売時に「解凍」表示をする必要があり商品価値も下がりこのため水産業界では新たな殺虫方法の開発が待たれていた」
     生サバを食べて激しい胃痛で来院され、緊急胃カメラをすると、胃の中にアニサキスを見つけることがよくあります。このような技術が開発され、安心して美味しいサバやアジを生食で食べられるのは、とても素晴らしいです。 https://news.yahoo.co.jp/articles/ef6bb9dc8d2c4ff5407e7d496f57bafc5863d896
  • 2021.04.10

    日本内科学会総会に出席

    4月9日~11日、日本内科学会総会が有楽町であり出席をしてきました。消化器疾患を初めてとして、今回はコロナ感染症のトピックスなどもあり、例年以上に知識の収穫となる学会参加でした。
  • 2021.01.18

    花粉症季節がまもなく到来します

     今年も花粉の季節がまもなく到来します。毎年、花粉の飛散はいつから、いつまでか気になりますが、今年も1月下旬からスギ花粉の飛散が始まりそうです。

     当院では院外処方のメリットを最大限に活かして、患者さまのライフスタイルを伺いながら処方しています。少し大げさですが、まるでオーダーメイド治療のような感じです。内服薬は1日1回タイプが主流ですが症状を伺いながら調整し、またパイロットや運転士さんでも内服できる内服薬や、コンタクトレンズ装着でも可能な点眼薬の処方、点鼻薬も症状に合わせて処方しています。
     スギ花粉に関しては技術革新で、免疫療法など症状軽減が図るれる取り組みがありますが、日本ではほぼ1年中、何かしらの花粉が飛散している状態であり、飲み薬などの組み合わせで症状をコントロールしながら、少しでも快適な日常生活が送れるように当院でも対応しています。

過去のブログ記事